各種症状

通院された患者さんに、負担のかかりにくい日常動作・トレーニング方法・ストレッチを

症状にあわせて説明・指導させて頂きます。

腰痛

急性のぎっくり腰から、なんとなく、いつも腰のあたりが重い・だるい…腰からお尻にかけて痛い。

時にはお尻にとどまらず、太ももやふくらはぎの辺りまで痛い、長時間座っていると痛くなるもの、中腰で痛くなるといったさまざまな症状があります。

病名では腰椎椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰痛症・変形性腰痛症・分離症・すべり症・脊柱管狭窄症などがあります。

ほとんどの腰痛は、筋肉のバランス・疲労と炎症・骨の歪み・神経の圧迫などからきています。

コルセットについては、

重度用→幅が広くしっかり前後を保護するタイプ

      (重症な患者さんにおすすめです)

中度用→前が細く、後ろが広い補助タイプ

      (日常生活を出来るだけ妨げない)

軽度用→幅が細く骨盤を補助するタイプ

      (骨盤を安定するため運動、作業を行いやすい)

色々なタイプがありますが、必ず試着して自分にあった物を使用した方がいいです。

その時の症状にあった物を使い分けしていくことをお勧めします。

痛みが落ちつけばコルセットは徐々に、はずしていきます。

日頃から腹筋・背筋を鍛えながら、ストレッチも行い再発防止を心がけましょう。

※ よく発症される方は違うタイプを2種類ほど持っていれば安心ですね!

この症状は、早めの検査を!!

※ 日を追う事に症状が悪化している

※ どんな姿勢をしても痛い

※ 血便や腹痛がある

※ じっとしていても痛い

※ 一日中痛みが続いている

※ 食欲はあるが痩せていく

※ 癌の治療をした事がある

 

内臓性の腰痛の可能性があります

頚椎

頚椎の異常から首が痛む事があり、代表的なものがムチウチ症です。

自動車に乗っていて後ろから、ぶつけられた時によく起こります。

人間の首は7つの骨(頚椎)で支えられていますが追突などで頭が前後に揺れると頚椎を支えている靭帯や筋肉に損傷がおこり、痛みの原因となります。

首の障害で恐いのは、筋肉だけでなく、頚椎同士による圧迫などで、血液やリンパ液などの循環障害が起こり、自律神経の失調につながる事がある事です。

ムチウチ症は事故直後には何も感じなくて数時間から数日後に頭痛、首の痛み、手のシビレ感などが現れます。

神経の障害として、めまい、まぶしい、目がチラチラするといった自律神経系の症状が出る事もあります。

膝痛

○ 動き始めに膝が痛みませんか?

○ 膝が腫れたり、熱っぽい感じがしますか?

○ 膝を動かすと、ひっかかったり急に力が抜けたりしませんか?

○ 太ももが痩せたり、靴の底がかたよって減ったりしていませんか?

上記の症状がある場合は、変形性ひざ関節症の疑いがあります。

これは一般的に筋力の低下・過度の負担のかけすぎ・体重増加による膝への負担等により起こるものです。

変形ひざ関節症は、症状が重くなると膝に水がたまってきたりします。

少量の場合はテーピング・スポンジなどで保護して安静にしていれば炎症も治まり水も散っていきます。

多量になると膝が腫れて曲げ伸ばしがつらくなり、炎症も治りにくくなるため注射器で水抜きをする必要があります。水がたまった状態のままでは関節がゆるんだり、軟骨がもろくなったりします。

予防

なるべく同じ姿勢は続けないように気をつけましょう。

寝るときは膝の下に枕などを置き軽く曲げた状態で休むようにして、運動は直接、膝に体重をかけないようにしましょう。

散歩やジョギング゙は筋力がついてから徐々に慣らしていくと良いでしょう!!

(例 プール歩行、椅子に座っての運動等)

よくある質問 Q&A

Q.水を抜くと癖になるのでは?

A.水は抜くからたまるのではなく、膝の炎症が持続しているからたまるのです。

  治療をして炎症が治まり、ある程度の筋力強化をしていけば水もたまらなくなります。

  筋力強化・減量等の根本的な原因が解消されていないと再度繰り返す可能性があります。

  日頃の治療と予防が重要になってきます。

関節音(ポキッと音がする)

首・指・膝などの関節を『ポキッ』と、鳴らした事、鳴った事があると思います。 

関節部分は軟骨という柔らかい骨で包まれていて、その中に関節液があり関節を動かすことで圧力の変化が起こり気泡ができます。

そして、気泡がお互いにぶっつかりあって割れると音がして関節の表面が傷つきます。

 

同じ関節を毎日、数回程度鳴らしても変化はないと思いますが、一日に10回前後を数週間続けると、関節に変化が現れる可能性が高いです。

( 傷ついた組織を修復する為、太くなります )

肩痛

肩こりは、首や肩の筋肉の血液循環が悪くなり、筋肉に酸素や栄養が行きわたらず筋肉が疲労を起こした時になります。

パソコン、編み物、細かい作業なども原因なります。

これらのほとんどは、偏った姿勢をとって同じ筋肉にばかり負担をかける事によって起こります。

一つの筋肉が疲れると、また異なる筋肉に負担をかけて疲労が起こる為、血液の循環が悪くなります。

症状が酷くなると、目が疲れたり頭痛、耳鳴り、吐き気などの症状が現れる事があります。

予防は、正しい姿勢、しっかりと睡眠をとる事、目の負担をかけないように時々遠くの山などを見る事。

 

※ 肩甲骨をしっかり動かしましょう ( ゴムチューブなど )

※ 自宅にいる時は、手拭い『たすき掛け』をしてみる( 時代劇でよくみる光景です )

 

 

単なる肩こりでは保険で施術する事は出来ません。

※ Q&Aを参照して下さい。

肩関節周囲炎 ( 五十肩 )

中年以降(特に50代)に多い

関節液が汚れ、関節包の内側にノリがついたように癒着し、充分伸びなくなってきます

腕の挙上が困難になり、夜間痛や運動時痛が現れる

人に手伝ってもらっても動かない(制限がある)のが、肩関節周囲炎です

 

痛いから動かさない→動かさないから筋力が低下・柔軟性が無くなる→可動域が少なくなる

柔軟性が必要な為、少しずつ可動域を広げる様に運動する(肩甲骨を動かす)事が重要です

 

急性期の場合は、1~2日冷やして安静です

2~3日で普通に生活が出来るぐらいになります

 

慢性期の場合は、温めて、運動する事です

早ければ一ヵ月~三ヵ月、長ければ四ヵ月~六ヵ月以上かかります

 

当院は、手助けをするだけなので、本人の努力次第で早く落ち着きます

自然に治る事もありますが、放置すると関節が癒着して拘縮を残す事もあります