腰痛

通院された患者さんに、負担のかかりにくい日常動作・トレーニング方法・ストレッチを症状にあわせて説明・指導させて頂きます


急性のぎっくり腰から、なんとなく、いつも腰のあたりが重い・だるい…腰からお尻にかけて痛い

時にはお尻にとどまらず、太ももやふくらはぎの辺りまで痛い、長時間座っていると痛くなるもの、中腰で痛くなるといったさまざまな症状があります

病名では腰椎椎間板ヘルニア・ぎっくり腰・腰痛症・変形性腰痛症・分離症・すべり症・脊柱管狭窄症などがあります

ほとんどの腰痛は、筋肉のバランス・疲労と炎症・骨の歪み・神経の圧迫などからきています

コルセットについては

 

         ・軽度用→幅が細く骨盤を補助するタイプ(骨盤を安定するため運動、作業を行いやすい)

 

         ・中度用→前が細く、後ろが広い補助タイプ(日常生活を出来るだけ妨げない)

  • 重度用→幅が広くしっかり前後を保護するタイプ(重症な患者さんにおすすめです)

色々なタイプがありますが、必ず試着して自分にあった物を使用した方がいいです。

その時の症状にあった物を使い分けしていくことをお勧めしま

痛みが落ちつけばコルセットは徐々に、はずしていきます

日頃から腹筋・背筋を鍛えながら、ストレッチも行い再発防止を心がけましょう

※ よく発症される方は違うタイプを2種類ほど持っていれば安心ですね!

腰痛の特徴

正確に鑑別する事は困難ですが、障害部位の違いによって大体の傾向が見られる為、原因解明の一つになります
参考にしてみて下さい

軽度
★椅子に座ったまま前かがみで痛い  ⇒腰自体が原因の疑い
★立って前かがみ、力を入れた時に痛い⇒筋肉が原因の疑い

 

中等度
★身体を後ろに反らした時、捻ると痛い⇒椎間関節が原因の疑い
★歩行開始時に痛み、だんだん楽になる⇒仙腸関節が原因の疑い

 

重度
★おじぎををして身体を戻す時に痛い ⇒椎間板が原因の疑い
★下肢にシビレ、力が抜ける     ⇒神経痛が原因の疑い


【内臓性の腰痛】

この症状の場合は、早めの検査を行って下さい

※日を追う事に症状が悪化している

※どんな姿勢をしても痛い

※血便や腹痛がある

※じっとしていても痛い

※一日中痛みが続いている

※食欲はあるが痩せていく

※癌の治療をした事がある


【筋膜性腰痛】
腰を支える筋肉や靭帯などの緊張や疲労による

症状

※重い

※だるい

※動作時に痛い

※熱があり腫れている

※2~3日で症状が楽になる

原因

※身長の急速な伸びに筋肉の成長が追いつかない

※過度に腰を捻ったり反る運動している

※筋肉のバランス

※スポーツなどによる筋肉疲労

※日頃の悪い姿勢

※下腿部の柔軟性の低下

※ストレッチ不足

  

分離症・分離すべり症(疲労骨折)】

小・中学校でのスポーツを盛んにする時期が最も多い(13~14歳の男子の発症が多い)

数年経って痛みなどが出始め、診察を受けると『学生の頃、腰椎分離症をされていましたね!』と言われる事があります

レントゲンでは発見できにくいです(MRI検査が必要)

※ 体にフィットしたコルセットを行い、痛みがなくなれば運動(トレーニング)を開始して下さい

  (分離が癒合するまで、運動量を減らす必要があります)「担当医に、ご相談して下さい」

症状

※自覚症状が無いケースが多い

※1~2週間、痛みを訴える

※痛みが酷くない為、一時的に痛みがとれる

※腰を反った時や捻った時に痛みが増強するのが特徴

※腰部痛・臀部痛・大腿外側の鈍い痛み(重苦しい、だるい)

原因

※子供の頃に過激なスポーツを行っている

※過度な練習量に耐えられない腰椎周りの筋力不足

※スポーツなどで繰り返し運動が多い

※腰を反ったり、捻ったりが多いスポーツをしている(野球・サッカー・バレーボー    ル・バスケットボール・柔道・ラグビーなど)

 

【椎間関節症】

ギックリ腰と呼ばれる、急性腰痛の中で、腰椎椎間関節捻挫は、最も代表的です

症状

※ぎっくり腰と同じで、腰から殿部にかけての痛み

※体を反らすと痛い

※捻ると痛い

※仰向けで寝ると腰が浮いた感じがして痛い

※立っていると痛い

※歩くと痛い

原因

※中腰で物を持ち上げる

※無理な体勢で作業

※疲労が蓄積している状態での動作

 

処置

軽度

※テーピング等使用

※練習、仕事ができるようにします

中等度・重度

特殊治療行い、早期に症状軽減する

※テーピング使用・コルセットの指導

※ヘルニア等で検査の必要がある場合は、紹介状をお渡しいたします

 


椎間板ヘルニア】

クッションの役目をする椎間板の一部が変形脱出し、神経が圧迫され痛みをひき起こす疾患です

症状

※腰や殿部から脚の痛み

※足先に走る痛み、シビレ

※歩行が困難

※立っている時より座っている方が痛い

※咳やくしゃみでも痛い

※急性期では、かばう様に手を腰にあて、上体をかがめて片側の膝を曲げて歩く

※間欠性跛行(歩くと足に痛みやシビレが現れ、休憩を必要とする状態)

原因

※無理な体勢での作業

※疲労が蓄積している状態での動作

※喫煙

※遺伝(同一家系内に発症しやすい)

※仕事上のストレス

 

処置

特殊治療行い、早期に症状軽減する

※テーピング等使用

※数日間、コルセット装着指導(症状軽減で、トレーニング開始)

※日頃の姿勢、ストレッチを指導

 

ひと言

※椎間板の状態によりますが、ヘルニアの大半は、治療をすれば楽になっていきます

飛び出ている状態は回復に向かいますが、潰れている状態では回復しにくいという事です

分かりやすく言うと、饅頭を手で握った時に指の間から飛び出る状態は回復するが、饅頭を落とした時に潰れる状態は難しいです


※参考にして下さい⇒患者さんの声


ストレッチ

大腿部後ろ側~お尻
上向きになれない方は、行わないで下さい

梨状筋(お尻)
上向きになれない方は、行わないで下さい


院長から一言

当院はその場だけ良くても意味がないと考えています。
痛みに邪魔されることなく、安心して楽しい毎日が送れるようにすることが、私の仕事だと考えています。
残念ながらすべての痛みを改善することはできません。
1回で、すべて改善してしまうといったこともできません。
それは、バランスを整え、正常な状態を身体に記憶させ、根本から改善していく治療を心がけています。

辛い痛み、一緒に良くしていきましょう!!